中高年の出会い系ブーム

週末の通勤電車に揺られながら、定期購読している海外の雑誌の日本語版をめくっていたら、アメリカの中高年世代で空前の出会い系サイトブームが起きていることを知りました。向こうは離婚も未婚も多いので、50代ともなると3人に一人は独身だからということもあるみたいですが。だけどそれは日本も同じじゃないですか。現に私も独身だし、周りにもバツは男も女もたくさんいるご時世です。それとその雑誌、割と中高年に読まれているんですよ。最後は、日本人もどんどん出会い系サイトを利用して、デートを楽しむべきだと結んでいるんですね。影響力の強い雑誌にこんな記事が投稿されれば、エロいことを考える四十路の素人や熟女が必ず増えると思いましたね。

中高年の出会い

雑誌では、具体的なサイトの使い方までは紹介していませんが、普段出会いのない熟女でも掲示板に投稿すると、男性会員からメールが殺到してリアルでは考えられないことが起きるので、一人の相手と落ち着いて付き合いにくくなる弊害が出会い系サイトにはある、みたいなことは書かれていました。おそらく記事を書くに当たって記者さんは、実際に出会い系サイトで遊んだんだなと直感しましたね。記者さん自身熟女みたいなんで、おそらく掲示板にエロいことでも書いて、誘うような文章にしたんじゃないかと思いました。中高年の出会い系ブームに乗じて煽っている感を否定できない。

こういう熟女も出会い系の掲示板で遊んでいるんだなと思ったら、俄然やりたくなりました。電車のつり革につかまりながら、射幸心が沸いて来て、会社に行く前から昼休みが待ちどうしくなりました。ちょうど、この日は給料日なのでサポる資金も潤沢。掲示板でサポ募集の熟女を釣りまくることを決意。

同僚との昼食もそこそこに、行きつけのスタバでPCMAXの掲示板チェックをすると、珍しく熟女の神待ちが引っかかりました。事情を聞けば、浮気癖が直らない旦那と大喧嘩して家を出たらしいんですね。行くあてもなさそうなので、その日は予定も無かったので泊まりで付き合えると返事すると、話がすぐまとまりました。

栃木から出て来て上野で時間を潰しているというので、それなら浅草に来てよ、オレ地元だからと嘘をつきました。だけどオレの家は隅田川渡った反対の墨田だから丸っきりの嘘でもなく、何より土地勘あるんですよ。田舎の人でも分かりやすいだろうと思い、雷門の前で待ち合わせました。するといましたね。スーツケース抱えて、いかにも家出して来たって感じの熟女さんが。家出でも援交には変わりないので、条件通りに食事も世話して、それからひさご通りの奥のラブホに行きました。

旦那の浮気に腹を立ててましたが、自分自身不倫願望が強いんじゃないかと思いました。四十路だと、浮気に走っている旦那はまず、してくれないみたいですね。その不満が不倫願望を抱かせて、さらに家出までさせちゃうんですから、それを引き受ける側に回れば美味しい思いが出来るということです^^

熟女のサポ募集

三十路熟女
サポ目的で募集している出会い系サイト。
お気に入りはワクワクメールとpcmaxだ。
大手の出会い系サイトで、ハイレベル素人やエロ熟女が多く、信頼感抜群。
誰が経営しているのかわからないような新規の出会い系サイトや掲示板はやめておこう。
掲示板でサポ募集している女性の更新頻度に注目だ。
全然、書き込みがされていない出会い系はクソと言って良い。
最低でも、1時間で5件以上のサポ募集が書き込まれていることが望ましい。

登録する人など似たり寄ったりなのだから、
信頼できる掲示板を使った方が得なのは当然。
このあいだ、ワクワクメールを使ってみた。

掲示板に投稿された四十路熟女のサポ募集。
「誰でもいいからサポしてほしい」と書いてある。
複数の人とメールのやりとりをしてみて、
気になった人と定期的に出会いたいと募集してあった。

もちろん相手の心理を読んでできるだけ丁寧な言葉で、
優しく相手を包み込むように、
メール返信をしたり掲示板に投稿したりした。

そのおかげで、
「明後日、会いたいんだけど大丈夫?」
「条件が1くらい助けてくれると嬉しい」

2時間あまり努力した結果、このようなメールが返ってきた。
サポ交渉も地道にやらなければ、いくらエロい熟女でも、
簡単にはHさせてもらえないのだ。

待ち合わせ場所は上野。
最近になって再開発が進んで、
昔のような汚い町並みが少なくなった。
駅前も綺麗なホテルが増えて外国人が異常に多い。

やってきた三十路の女性。
見た目が少し童顔で30代といっても不思議はない。
駅前のじゅらくというファミレスで、二人で話をした。
まだ結婚はしておらず、定期的なサポフレンドがほしいといっていた。
夜中になると体が火照ってしまって、
誰でもいいから抱いてほしいという気持ちになってしまうのだそう。
だからといってめぼしい相手もおらず、
世間体を気にしてしまって、選び損ねて三十路になってしまったそうだ。
そんなにすべてのそろった男などいないのだから、当然といえば当然だ。

結局その女性と鶯谷のラブホテルで一夜をともにした。
熱く燃え上がる一晩を過ごさせてもらった。
体もやわらかく、スタイルもいい。
しかも三十路女性の特徴らしく性格もやさしい。
そのあとに、その熟女がやたらとメールを送ってくるようになった。
携帯にも電話がかかってきたり、
私の行く先をチェックしているというのだ。

「今日、困っているから少しサポってくれない?」
「条件いらないから会わない?」

ウザいメールが頻繁に届くようになる。
ストーカーになってしまったのである。
毎回、1万円のサポをしていたので完全に依存状態を作ってしまったのだ。
その四十路熟女は、いわゆるメンヘラというやつであった。
精神的に不安定で誰かに依存していないと耐えられないらしい。
結局、ストーカーの餌食になってしまった私。
関係を切るのに1年以上かかった。
今では携帯も番号を変えて、ワクワクメールも退会してアカウントを変えて再登録。
世の中には大変な人もいる。
サポで募集している熟女は事務的なエッチではない部分が楽しめるのだが、このような危険な場合もある。
サポという援交をしている女性の言動に日頃から気をつけなければいけない。

不倫がしたい人妻

このあいだ、pcmaxという出会い系掲示板を使った。
キレイな人妻と簡単に不倫ができる時代になった。
人妻にとっても出会い系サイトは不倫願望を満たせる便利なツールだろうね。

街を歩いていて綺麗な人妻を見かけて、セックスさせてくれと頼んで
うまくいく確率を考えたことあるだろうか。

まず無理だろう。

どうして私が出会い系サイトにこだわるのかというと、
初めから女性が出会い目的かつ不倫目的ということがわかっているからだ。

それでも、メールとのやりとりや、
女性とのデートがうまくいかない時もあって
女性を怒らせてしまうこともあった。

うまくコミュニケーションをとらないと、
いくら出会い系サイトだといっても、
結果が出せないのは覚えておいたほうがいい。

オレがいつも使っているサイトはpcmax。
信頼感が高く、いろいろ検索システムがあるので
好みの人妻を選ぶこともできる。
20代だと子供っぽいので全く興奮しないのが嫌。
オレの好みは40歳以上のエロ熟女だ!
不倫の口実を上手に与えてくれる男性を、
サイトで探している女性を狙い定める。

この間も掲示板に投稿された女性の書き込みに反応してみた。
すると女性は41歳。『心が寂しい・』などと、
不倫願望をチラつかせていた。

「これは簡単に落とせそうだ」
と思って、返事を返してみた。

かなり乗り気だったようで、
話もとんとん拍子に進んだ。
彼女も忙しいらしく、
連絡を取り合ってから3週間くらいの時間がかかった。
待ち合わせ場所は東京駅。
彼女は丸の内に勤めているのだそうで。
いわゆるエリートOL。学歴もある。

八重洲ブックセンターという私があまり寄りつかない、
大きな書店の前で待ち合わせをすることになった。

やってきた女性は、なかなか美人の熟女だった。
年齢は41歳で、すでに結婚しているという。
しかし旦那との夜の営みなど全くなく、家に帰ってもつまらない。
学歴だけのだめな男と結婚してしまったと嘆いていた。
今までの何度か不倫経験をしたこともあるらしい。

そこで掲示板に投稿してみると、
私が相談にのってくれたのでありがたいと思っていたそうだ。
41才のわりにはさすがに性欲をため込んでいるようで、
はちきれんばかりの乳房。
おとなしそうなロングスカート。
ブラウスから赤いブラジャーがエロく透けて見えている。
明らかにやる気満々である。

軽く食事をしてホテルに入った。
ラブホテルは混んでいたので、
仕方なくビジネスホテルにチェックイン。

「明日は日曜日だから、泊まってもいいよ」

と話していた。
彼女は私の上にまたがったり、
狂ったようによがったり、
大声を上げたりして相当楽しんだご様子。
欲求不満を解消されたようで、
満足そうな笑みを浮かべていた。

そのあとも彼女は、

「定期的に会えないかな?」

と話していた。

結局今では、八重洲ブックセンターの前で待ち合わせをして、
1週間に1回は彼女の体を楽しませてもらっている。
出会い系サイトで作った貴重な不倫関係はこのまま維持してゆくつもりだ。

四十路の不倫熟女

四十路の熟女を不倫の相手とて出会い系サイトの掲示板に書き込んでいますが今回は少し体型にもこだわってみようと考えました。抱き心地の良さを重点的におきたかったので仕事中にサイトの掲示板にグラマーな熟女募集と投稿してみました。それで昼休みにサイトをチェックしたら41歳の熟女の女性からメールが届いていました。少しぽっちゃりしていど良かったら会って欲しいという内容でした。少し気になったのでその女性が掲示板にどういう投稿しているのか見てみたら飲み友を募集していました。しかし飲み友というのは建前の場合が多くて当然不倫するチャンスも出てくると思ってその女性に夜時間空いてるよとメールを送ってみました。それで女性も時間空いているという事でしたのでLINEのIDを交換して待ち合わせる事にしました。

女性は大塚に住んでいるという事でしたので6時半に大塚駅で待ち合わせる事にしました。職場が池袋で5時半に仕事が終わるので6時過ぎには大塚駅に行けるかなと思いました。それで6時15分ぐらいに大塚駅に着いて女性にLINEをしました。すると女性からLINEが来てあと10分ぐらいで着くという事でした。それで10分経ったら女性から着いたとLINEが来たので少しぽっちゃりの熟女を捜しました。それで再びLINEで服装を聞くと黒のスカートという事でしたので黒のスカートの女性を捜したら一人で待っていたのでやっと会う事が出来ました。

女性は少しぽっちゃりと言っていましたが見た感じが普通で少しグラマーかなという程度でした。そのためこちらの希望通りの体型でしかもエロさも感じさせてくれていたので早くホテルに連れ込みたいなとも考えていました。

とりあえず居酒屋でお酒を飲んで酔ってからホテルに連れ込もうと考えて居酒屋に行きました。それで女性とビールで乾杯しておしゃべりしながら女性の反応を観察していきました。最初は普通でしたが生ビールを2杯ぐらい飲んでからだんだん女性の様子が変わっていきました。下ネタを言うようになったりしてエロい話にもなってきたのでこちらからもさりげなく下ネタを行って女性を刺激してみました。すると女性がだんだん落ち着きがなくなってきたので居酒屋を出る事にしました。

居酒屋を出た後にこちらから女性の手を握ってさらに女性を刺激していきました。それでさりげなくラブホテルな前を通って入ろうかと声をかけてみました。女性も酔っていてエッチな不倫願望を持ってきたみたいなのでOKしてくれました。それでラブホテルに入ったら女性は素人っぽさが完全になくなって完全にエロモードになってしまい濃厚なセックスをする事が出来ました。掲示板では飲み友募集と投稿していた女性もこういう一面があるのでまた狙っていきたいと思いました。

PCMAXと人妻

出会い系のPCMAXを使っていると、いろいろな人妻に出会う。
失敗することもある。

だめな女に金を巻き上げられたこともある。
出会い系サイトなのに、デリヘル嬢の営業だったこともある。

このあいだはpcmaxの掲示板で、出会ったのが心やさしい四十路人妻。
なぜ、こんな女性が出会い系の掲示板に書き込むのか、不思議に思ってしまう。

日本の社会がぐちゃぐちゃに壊れている。
それを尻目に、優しくてエロい美人人妻とセフレになれてしまう。
これじゃ結婚なんてする気は絶対に起きない。

pcmaxの掲示板に投稿してきた女性に、返事を書いてみた。
すると女性のほうも投稿してきて、結局pcmaxのメール機能で、お互いに話すようになった。

旦那がろくでもない男だそうで。結婚してから豹変してしまったと話している。
いわゆるだめな男に引っかかったよくあるパターン。

最近では愛想が尽きてしまって。でも、子供がいるから別れられない。
しかも、性欲がたまりきってどうしようもないと、私に頼ってきた。

なかなか時間もなく、メールだけのやりとりが1カ月程度届いた。
私のほうも予定が忙しく、で会う予定が立てられないでいた。

掲示板でやりとりを始めて2カ月。
やっとのこと、実際に会うことになった。
待ち合わせ場所は目白駅。

学生も多く落ち着いた街並み。
隣の駅は池袋で、ラブホテルもある。
都合のいい場所。

待ち合わせ場所に行く途中に人身事故で電車が止まってしまった。
最近とても多い。
これでは帰ったしまったな。
と肩を落としながら待ち合わせ場所に行ってみると、背中をトントンとされた。

「こんにちは」

彼女が来た。
同じ電車だったみたいだ。
見た目は、普通の主婦といった感じ。それでも小奇麗にしている。
ジーンズに白いブラウス。その上にはミリタリー系のジャンパー。
あまり色気を感じさせず、浮気をしないような女性の典型のような感じ。
そんなわけがないのだが・・・。

駅前の定食屋で話をした。
軽く酒を飲みながら話し合って、打ち解けてきた。
熟女の愚痴も受け止めてやらないと、セックス前に帰ってしまう場合もある。
サンドバッグのようにして我慢することが大事。
これだけで「ありがとう」と言われることもあるから聞き上手な男は得だ。

結局、目白から池袋に移動して、ラブホに入って彼女の体を楽しんだ。
性格も優しく、体のことを気づかってくれたり、頼んだ体位を試してくれたりなど、
心ゆくまで楽しめた。

こんなに、やさしいエロい人妻が家庭では全く相手にされていないなんて、
旦那はどうかしている。
そのおかげで私が気持ちのいい思いができるのだから感謝だ。
それにしても出会い系サイトpcmaxのクオリティーは高く、これでは止められそうにない。

出会い系サイトのワクワクメール

意外に侮れない出会い系サイト。
私が使っているのはワクワクメールとpcmax。
出会い系サイトの中ではかなり優良物件だと言われている。

登録するだけなら金もかからず、金がなくてもおすすめ。
登録している女性はかなりレベルが高く、10代から50代以上まで幅広い。
もちろん素人ばかり。

私の好みは、30代以上の熟女。
10代20代ではションベン臭くて興奮しない。

30以上の女が本当の女だと思っている。
四十路は理想。

ワクワクメールを、このあいだ利用してみた。
いつも使っているから、そのレベルの高さはわかっている。
また今日も不倫願望のある人妻と出会うために、ワクワクメールを利用した。
いつもの通りにワクワクメールの掲示板を使う。

掲示板に投稿してみると、すぐに返事が返ってきた。
初めは掲示板に投稿していた。
それがすぐに直接メールが送られてくるようになった。

40歳の四十路女性だ。
悩みやストレスを抱えているらしく、結婚して失敗だったそうだ。
このようなタイプは簡単にやれる。

欲求不満で性欲がたまっていて、しかも、たいていエロい女。

しかも、誘い出すとホイホイついてくる。
「旦那の精力が弱くて満足できないもん」と彼女のメール。

ワクワクメールやpcmaxはこのような熟女が多い。
せっかく結婚したのに旦那が構ってくれないらしい。
高学歴の女性のほうが、性欲を溜め込んでいてフラストレーションを抱えていることが多い。

しかも、美人も多く、出会い系サイトを使うなら絶対にねらっておきたいのが熟女。

待ち合わせをしたのは池袋のパルコ。
山手線で降りて、待ち合わせ場所へ。

やってきた女性は予想通りの美人だ。
年齢は37歳で、少し疲れた感じは、あるがかなりの美人。

一緒に歩いているジロジロ見られる。スタイルもかなり良く、予想だとDカップかEカップ。

ウエストが細く歩くたびに胸が揺れる。色白で、おとなしめのロングヘア。
身長が165cm程度すらっとした、元キャリアウーマン的。
「今日はよろしくね。楽しもうね」と彼女。

ホテル一戦交える前に下ごしらえ。レストランでステーキとハンバーグをごちそうになる。
彼女の白くやわらかな太ももから、紫色のパンティが見えている。

しかも胸の谷間が見えて、この時点で興奮度100%。
食事に集中できず、結局のラブホに行って楽しませてもらった。

さすがに性欲がたまっているらしく、抱きついてきて離さない。
「すっごく気持ちよかったよ、またして、おねがい」

彼女のほうから連絡先を渡してきて今でも連絡を取り合っている。
こんなに簡単にしかも、金もかけずに超美人のエロ熟女と出会った。

これだから出会い系サイトの掲示板は止められない。
またワクワクメールの掲示板を使わせてもらうつもりだ。

人妻との交際

俺は都内にある広告代理店で働いている。
今月に入ってから急に仕事が忙しくなり、家に帰るのは0時を回っていた。
理由あって独身の俺は、飯はいつもコンビに弁当か、外食で済ませる感じで、俺は正直疲れていた。
でも、疲れてるときほど、種を残したいという男の動物的本能が動き出すもので、俺の息子は元気なもんでした。

俺は最近、PCMAXのサポ掲示板で見つけた四十路の人妻の新しい書き込みを待っていた。
このサイトに登録してけっこう経つが、これはイケル!と思って、焦ってガツガツいきすぎて肩透かしを食った経験は何回もあるので、素人の人妻さんにはあんまり露骨なエロ心は見せないほうがいい。
だから、この前の掲示板の投稿はスルーしといたんだ。

昼休み、やっと仕事が一段落した俺は、スマホでサポ掲示板の投稿をチェック。
人妻の久しぶりの投稿があった。
「おお!」と俺はデスクから、窓際にあるソファに座りなおす。
このサイトに登録してけっこう経つが、圧倒的に会える確率が多いのは人妻だと思っている。
もっとも、俺は20代の女性は小便臭いガキだと思っているので、最初からエロい熟女狙いなんだが。

人妻の投稿は、まずはメールから・・・と書いてあった。
こういうサイトの掲示板に登録している時点で、エロいことは間違いないと思うのだが、まずはメールからとは奥ゆかしい。
「メール送らせていただきますよ~」と、俺は人妻受けがいい言葉を送った。

まずはご飯でもいかがですか?
ご飯以外のサポでも対応できます。
お返事お待ちしてます。

長年の研究の結果の、紳士的なこのメールの文面。
紳士的でありながら、ちょっとエロも匂わせる文面だ。
紳士なだけでは物足りない、エロい熟女の気持ちを刺激するのが目的だ。

彼女からの返事はすぐにあった。
驚くほど早いレスポンス。
彼女のプロフでは、42歳。お酒を飲むのが好き。とある。でも、弱いのですぐに顔が赤くなるとな。
いいじゃないの~
ほんのり火照った身体を重ねることを想像しただけで、サイト名じゃないがワクワクだ。
彼女には夫も子どももいるらしく、既婚男性との出会いを求めているとのこと。
この理由は散々、人妻さんたちに聞かされてきた。
既婚男性との出会いのほうが、割り切って後腐れがないと思うからだ。
しかし、大丈夫。
俺は独身だが、後腐れのない男だ。
こういう出会いのために、40をとっくに過ぎても結婚しないんだ。

それから数日、彼女とメールを交わし、10日ほど経った夜に会うことになった。
彼女の名前はK子という。
俺はその日だけは残業しねえと心に決め、仕事を片付けた。
道玄坂にある、個室の居酒屋はすでに予約してある。
魚の旨い店で、完全個室だから、人目が気になるはずの人妻熟女には安心できる店だ。

俺は待ち合わせのコンビニで今日の軍資金を下ろし、店の前でK子を待った。
しばらくして、携帯のメールが鳴った。
こういう直前のメールが一番怖い。
ドタキャンしてくる熟女がいるからだ。
予想どおりK子からだったが、メールは「遅れるので先に店に入っててください」だった。
俺は、「渡辺で予約してるよ」とメールを送った。

店に着いて15分ほどで、店の店員に案内されてK子が現れた。
42歳と聞いていたが、見た目は35・6と言われてもおかしくないちょっと童顔の熟女だった。
顔は永作博美をもっときつくした感じ?
小柄でスリムな体つきをしていた。
大ヒットやね~んと心の中で小躍りしつつ、俺は今すぐどこかへしけこみたい気持ちを抑えまずは酒を飲んだ。

彼女は居酒屋でエロい話を一切しなかった。
ただ、俺の仕事の話を聞きたがった。
彼女いわく、男性の仕事の話を聞くのが大好きなんだそうだ。
聞き上手でかわいいK子に、俺のテンションはマックスだった。

そろそろ店を出ようということになり、俺は人妻K子に、「これからどうする?」と聞いてみた。
あまりにもエロい雰囲気のない会話に、もしかしてその気がないのではと思ったからだ。
彼女はにっこり笑って「あなたがいいなら」と言った。
その言葉で俺はすべてが飲み込めた。

出会い系でのサポは万歳!
人妻との交際は楽しい!!

子育てが終わった熟女

不倫をねらうなら、子育ての終わった熟女。
子育てに疲れて遊びたい盛りのエロい年代である。
特に四十路の女性は性欲をため込んでいる一方で、
旦那の性欲がEDなどでなくなっていて、御無沙汰という状態の人が多い。
そんな熟女が出会い系サイトの掲示板に投稿してくる。

いつも使ってる出会い系サイトはワクワクメールとpcmax。
掲示板を見ていると、毎日のように不倫願望をため込んだ素人女性が
投稿を行っている。

出会い系はサイトを使っているとわかる。
これほどまでに出会いを求めている女性が多いのかと。
こんなに都合のいい掲示板を使わないやつは、どうかしてると思っているくらいだ。

このあいだ、投稿された文章を見てみて、気になった書き込みがあった。
試しに返事を書いてみると、相手がまた返事を返してきた。

メールでやりとりをしているうちに、人となりは浮かび上がってくる。

息子が大学生になって子育てが終わった。旦那とまたセックスを楽しみたいと思ったが、
旦那に全くその気がない。また女として花を咲かせたい。

このような主旨だ。信頼できる人物であることを示すためにこまめにメールを送り、そして相手のことを気づかうメッセージこれを1カ月もやっていると、相手の熟女もいられなくなる。

待ち合わせ場所は東京駅。
八重洲口を降りてすぐの大丸の前で待ち合わせをすることにした。

早めに待ち合わせ場所について、そこらへんに座ってぼーっとしていると、
「●●さんですか」

かなり美人の熟女だった。
胸も大きく、化粧も濃い。
ウエストも細く、水商売か何かと勘違いをするくらいだ。
私立高校の教師をしているらしい。
これでは、周りの学生が勉強にならないだろう。
色気が出てまくっているのは、見ればすぐにわかる。

東京駅構内のスタバに入り、話をした。
相当ストレスがたまっているらしく、心理カウンセリングのように彼女の話を聞いてあげた。
彼女のほうも饒舌になってきて、かなりストレスが発散できたようだ。

結局、結局その日は東京駅の近くにある。ビジネスホテルで泊まることになった。
その日やつき合ったばかりの恋人のようにけだもののように抱き合った。
若い女よりも肉付きがよく肌触りもいい。

性欲がたまっているから、さらにいやらしくエロい。
積極的に私の体の上に乗り、大声を上げて一時の不倫を楽しんでいた様子。
結局その一晩は、最後の一滴まで絞り出したという感じ。

これだから四十路の熟女との不倫はやめられないのだ。
それから彼女は私に、はまってしまったらしく、
1週間に1回は私と肌と重ね合わせないと、ほてっていられないそうだ。

今では1週間に1回、東京駅の八重洲周辺のホテルで不倫関係を楽しんでいる。
出会い系サイトと掲示板はこれからもやめられないだろう。